ETCカードの審査

有料道路でETCを利用するためになくてはならないもののひとつが「ETCカード」です。

ETCシステムの普及が広まり多くのクレジットカード会社でETCカードやETCカードとしても利用できるクレジットカードが発行されていますが、クレジットカード会社が発行するETCカードを取得するには、クレジットカード同様にカード会社が設けている審査基準を満たす必要があります。

ETCカードを作るための審査基準は各クレジットカード会社によって異なります。

ある程度の安定した収入があり、安定した住居と本人と連絡が取れる電話番号があれば必要最低限の審査基準はクリアできると思いますが、ETCカードでも利用限度額が高ければ審査基準は厳しくなっていきます。

もしすでにクレジットカードを持っているのであれば、そのカードと同じ会社が発行するETCカードに申し込むか、ETC機能つきのクレジットカードに乗り換える方法が利用できます。

この場合はすでにクレジットカードを発行できる審査基準を満たしていると考えられるので、よっぽどのことがない限りETCカードを入手できると考えて良いでしょう。

クレジットカードを作れない、またクレジットカード会社のETCカードを持ちたくないという場合は、高速道路会社が共同で発行している「ETCパーソナルカード」を利用することもできます。

ETCパーソナルカードはクレジット機能がついていないETC専用のカードで、デポジットと呼ばれる保証金を預けて利用します。

有料道路の平均利用月額と年間最高利用月額によってデポジット額が決定され、このデポジット額とは別に有料道路を利用した料金が毎月金融機関から引き落とされるしくみになっており、クレジットカード会社のETCカードと比べるとやや費用がかかってしまいます。

デポジットとして預けた料金はカードの解約時に返金されます。

どちらも使用料金の支払いが遅れるなどの理由でカードの利用が停止されると有料道路を通過できなくなるので、自分にあったETCカードを選ぶようにしたいですね。

人気ランキング

毎月更新!
今月の人気NO.1はどのカード?

>>ETCカード人気ランキング<<

注目のカード

楽天カード

誰もが得する楽天カード!新規入会特典で2,000円分、1度カードを使えば更に3000円分(合計5000円分)ポイントプレゼント。もちろん年会費無料。

>>楽天カードの申し込み<<

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)

>>Orico Card THE POINT<<
↑公式サイトへ移動します
当サイト限定キャンペーン実施中

年会費無料のETCカード

ETCカード基本情報